オーダーメイドの指導が受けられる

「苦手」なことは「できない」ことなのか?

学習には3つの段階があります。理解する、覚える、時間内に正確に答える、です。まずその内容を理解し、理解できたらそれを覚え、最後に、テストで時間内に正確に解答できれば、完璧です。そして、「苦手」を作ってしまうのは第1段階の「理解する」段階だといえるでしょう。当然ながら、理解できないことは覚えられないし、テストで解答することもできないのです。 そこで、そんな苦手を克服しようと生徒さんたちは塾に行くものですが、「苦手」なことは「できない」ことなのでしょうか?いいえ、それは違うのではないでしょうか。100メートルを速く走れる人と、そうでない人がいます。しかし、誰でも走り続ければ、いずれ必ず100メートルを走りきることができます。ですから、「苦手」なことは「できない」ことではなく、「理解するのに時間がかかる」ことだと考えるとよいのではないでしょうか。

自分のペースで走り続けられるのが個別指導塾

理解できないことは、理解できるまで教えてもらえばよいのです。実はそれが、苦手を克服するための唯一の道かもしれません。そして個別指導塾では、オーダーメイドの指導が受けられます。ですから、苦手なことも、その人に合わせたペース・方法で指導をしてもらえます。走るのが遅い場合は、ゆっくり走り続ければよいのです。それをサポートしてもらえるのが、個別指導塾なのです。 また、「覚える」段階、「時間内に正確に答える」段階でも、時間をかけてコツコツと訓練をする必要があります。しかしそれも1人ではモチベーションを保ちづらいものですが、個別指導塾ではそのサポートもしてもらえます。このように、1人1人に合わせて、理解を促し、また、覚えることや時間内に正確に答えることも訓練してもらえるのが、個別指導塾のメリットなのです。